プレミアムフライデーの15時退社なんて無理だし新卒至上主義はマジでクソ

経済産業省と経団連や小売りなどの業界団体は個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日を「プレミアムフライデー」とする取り組みを来年2月24日から始める。企業が従業員に対して午後3時には仕事を終えるよう呼びかけ、長時間労働の是正など働き方改革にもつなげる考えだ。

引用元: 「プレミアムフライデー」来年2月から – 日本経済新聞

日本経済新聞に出ていた「プレミアムフライデー」の記事を見て、思わず笑っちゃいました。こんなもん製造業の弊社じゃムリムリ。

15時には仕事を終えるように呼びかけるって言ったって、毎日2時間残業と月に1, 2回の休日出勤ありきで計画が組まれているのに、とつぜん月末の金曜日だけ定時どころか定時割れの15時に上がれるわけがない。

アイデアそのものには賛成

確かに金曜日に早く帰れたら嬉しいですよ。帰りたいなとは思う。だけど納入先のお客様が「うちは金曜も普通に動かすし」って言った時点でアウトですよ。お客様の工場は動くけど弊社は止めまーす!だと欠品まっしぐら。

やるのなら一斉にやらないといけない。しかし今回の提言はただの「呼びかけ」で法的拘束力はありませんよね。果たしてどれだけの企業が追従するのか、甚だ疑問です、

法律で強制的に帰らせても…

では法制化して、月末の金曜日に従業員を15時に退社させない企業は厳罰に処す!とやるとうまくいくのかというと…その金曜日の15時から定時まで、あるいは残業分の仕事が別の日にまわされるだけのような気がする。

前日の木曜日に日付が変わるまで残業させられたり、翌日の土曜日に休日出勤させられたりね。まずは仕事量を減らしてくれないとどうにもなりません。

じゃあ仕事量も減って15時に帰れたとする

仮に国内すべての業界・企業がプレミアムフライデーの理念に賛同して、仕事量を減らし、別の日に振替で残業や休日出勤をしたりするようなこともなく、提言通りに月末の金曜日は15時で帰れるようにしたとしましょう。

…労働時間が短くなったぶん、労働者の賃金は減りますよね。個人消費を促すために提言されているそうですが、手元に入ってくるお金が目減りしたら消費は冷え込むんじゃないかと思うんですが。

国全体の仕事量が減るってことは、GDP?的な?国の経済を表す指標も悪化するんじゃないですかね。この辺はよくわかんないんですけども。

祝日は日付に意味があるのになぜ変えた

国民の祝日に関する法律の改正にしてもそうですよ。休日はその日付だから意味があるのに、無理やり連休を作るために「○月の第x曜日」と法律を変えてしまいました。例えば体育の日は10月10日と決まっていたのに、今では10月の第2月曜日ですよ。無味乾燥もいいところ。

こういう「早く帰らせたり連休にしたりして自由な時間を増やせば、買い物や旅行をするから個人消費が伸びるだろ!」という政策にはうんざりしています。それよりもまず、雇用問題をどうにかしてくださいよ。若者の○○離れも、お金がないからだっていつになったら分かるんですか。

新卒至上主義への怒り

普通に働いて普通にそれなりのお金を得られれば消費もしますよそりゃ。なのにいつまでたっても労働市場は新卒至上主義のままで、既卒、無職は端から門前払いじゃないですか。そんな現状に絶望して、親からは公務員か大手企業の正社員以外は仕事じゃないなんてことを言われて、でも既卒には応募すらできなくて…公務員試験は毎年受験するものの、既卒だってことに引け目を感じて勉強に熱が入らなくて…そもそも面接が怖くて筆記試験に合格したらどうしようなんて思ってて…もちろん1次試験にすら合格することなく年齢ばかり重ねて…そのうち年齢制限に引っかかって受験すらできなくなって…勇気を出して行ったハローワークにではフリーターや派遣になるよりも正社員の仕事を探したほうがいいですよ自己分析からはじめましょうなんて言われて…そんな現状に絶望してニートになった人だってたくさんいると思うんです。

…っていうかこの流れはモロに私のことなんですが。ええ、ええ。

まとめ

ええと…何の話をしていたんでしたっけね。まあともかく、ニートは2013年には60万人もいたみたいです(内閣府の資料による)。いまフリーターや派遣、契約などの非正規雇用でがんばっている人たちの待遇を良くするのももちろんですけど、ニートが社会に出て働ける仕組み作りも必要なんじゃないですか。

本当に個人消費を拡大させたいのならね。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです(^^)

SNSはツイッターメインでやってます(><)

スポンサーリンク