有給を申請すると理由を聞いてくる上司。1人休んだだけでグダる職場は不健全

私用の中身まで言わないと有給休暇を申請できない風潮。

こんなにかわいい上司ならよろこんで説明するけど…

有給休暇の申請を出すたびに思うんだけど、休む理由を聞いてくる上司ってどうにかならないんですかね。そもそも申請用紙には「私用の場合は理由を書かないこと」との記載があるのに、その申請書を出してもらう時に理由を聞いてくるのが意味不明。書かないでいいのなら理由を聞かなくてもいいじゃないか。

まあいいですよ、じゃあ有給の時は理由を言うようなローカルルールにしてもいいですよ。…って、上司が有給でいないときは私たちにはその理由は一切聞かされませんけど。おかしいでしょそれ。

1人が休んだだけで全体がグダグダになる構造。

うちの会社では、誰かが休んだ時は基本的に監督者が代わりに入ることになってるんだけど、そうすると当然監督業務に支障がでるわけでね。普段は班長が2人いるんだけど、欠勤者が出た時は班長1人で全体を見なくちゃいけなくなる。そりゃ当然トラブルの対応も遅れますわな。1人が休むことで全体の能率が落ちる仕組みになってる。

監督者が代わりに入るとはいえ、慣れない仕事をやるもんだから当然そんなに早くはできないわけで。例えば1,000個の計画で組まれていたのに800個しかできないなんてこともある。そのときのマイナス200個はもちろんどこかで挽回しないといけない。残業を増やしたり、休日出勤にしたりしてね。

すると、「○○さんが休んだので早く帰れなくなった」とか「○○さんのせいで週末の予定がつぶれた」ってことになる。この環境、休みにくすぎるでしょ。

まあ、結局低姿勢に申請するしか無いわけですが。

私は有給休暇は労働者としての当然の権利だと思っているんだけど、この職場でこんなことを声高に叫ぼうなら総スカンされるに決まってる。なので申請を出すときはあくまで低姿勢で行くしかない。

全ては余裕のない人員配置のせいなんだけどね。「誰かが欠けた時に代わりがいない組織は、不健全な組織だ」って話を聞いたことがあるけど、まさにそれ。不健全極まりない。

ああ、健全な組織に行きたいわ…。

アイキャッチ画像について

オリジナルのフリー素材『疑問に思う白猫イラスト』

この記事のアイキャッチ画像には、イラストACより麦さんの「疑問に思う白猫」をお借りしました。いつもお世話になっております。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです(^^)

SNSはツイッターメインでやってます(><)

スポンサーリンク