レジのお姉さんに手を握られてなんだか申し訳ない気持ちになった

今日も機械の一部となって働いていたんだけど、いよいよ花粉症が酷くなり薬を飲まずにはいられなくなってきた。この前買った薬はもうとっくに切らしていたので、それじゃ買いましょうとドラッグストアに行くことに。

行きつけのドラッグストアにイヤな店員さんが入ってきてなんだかなー
行きつけのドラッグストアにイヤな店員さんが入ってきてなんだかなー
仕事帰りにウォンツに行ったんですよ、ウォンツ。ウォンツというのはこの記事でも取り上げているドラッグストアのことなんで...

以前に書いたこともあるけど、最近嫌な感じの店員さんが入ってきたので前に通っていたドラッグストアには行きたくない。

そこで今日は別のお店に行くことにしたんだけど、普段あまり通らない山あいの裏道を抜けようとしたらどこやらで分岐を間違えたようで思いっきり迷ってしまった。途中でカーナビを開いて道を間違えていることに気づいて引き返したからまだよかったものの、時間にして30分のロス。なんてこったい。

聞きなれない商品名だな…

何にしようか迷ったけど、15日分が1,000円とかなり安かったので「ラフェルサ持続性鼻炎カプセル」という薬にしてみた。何日か飲んでみてまた感想を書こうかな。それにしても毎年、花粉症の薬に結構な額のお金が飛んでいくのはなんとかならないんだろうか。根本的に治療したいよ。

プリン体補給

なんか塩分が欲しかったので、ドラッグストアの隣にあるスーパーで辛子明太子を買ってきた。無着色なので白っぽいけど味に問題はない。おいしくいただきました。

そういえばスーパーでお釣りを受け取るときにレジの店員さんに手を握られてドキッとした。胸に研修中の札をつけた、20代半ばぐらいの人懐こそうな笑顔が印象的な女性の方だったけど…おっさんのこんな薄汚れた手を握らせてしまって申し訳ないやら嬉しいやらでなんとも言えない気持ちに。だってぱっと見ただけで黒くなってるのがわかるほど汚れているんですもの。

なんか…ごめんね。



スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです(^^)

SNSはツイッターメインでやってます(><)

スポンサーリンク