契約社員から正社員になるために、改善提案やヒヤリハットを出そう!

改善提案やヒヤリハット事例を提出することが、契約社員から正社員になるための近道!

書類を提出するシーン

書類、出していますか?

契約社員から正社員になるには、改善の提案やヒヤリハット報告書の提出ノルマをクリアして着実に評価を上げていくといいみたいです。今日はそんな話をします。

ある日の仕事終わりに、たまたま上司と一緒に駐車場まで帰ることになりましてね。どうやら私のことを待ってもらっていたみたいで。ありがたいことです。

まずはロッカールームからタイムカードの打刻機まで歩くんですけど、その途中にある掲示板を見ながら「どうしてみんな改善提案を上げないんだろうね」と上司がぼそっと言うんですよ。

「いやーなかなか出せませんよー提案って」と私が言うと、「でも半年ごとの人事考課ではそこが見られるんだよ?改善提案とかヒヤリハットの提出とか、目標が決められているでしょ。クリアすると絶対に評価が上がるのに、ほとんどの人がやらないんだよね」と上司。

ほとんどの人がやらない…?ということは、その中でやっている人間がいたら目立つってことですよね」と聞くと、「そう。これって大ヒントだよ。じゃあ僕はこっちだからまたね。おつかれさまー」と上司は別の駐車場に向かって歩いていってしまいました。

6年ニートをして派遣になって契約社員になって。そろそろ正社員になって安定した収入が欲しい

ここからは私の昔話を少し。

6年もニートをしてようやく派遣社員として物流倉庫で働き始めたのが20代終わりのこと。今振り返ってみても二度とやりたくないほどキツい仕事に耐えながら、時給850円で3年も働いてしまいましたよ。もっと早く足を洗うべきだったのにね。

次の仕事に選んだのが、やっぱり派遣で工場の仕事。時給は1,050円になって「すげー4桁だ!」って思ったもんですよ。

どんな工場なのかは詳しく書けないんだけど、働き始める前に抱いていたイメージの「3K職場」ということはなく、物流倉庫に比べると上司も同僚も穏やかで働きやすい職場だった。もっと早くここに来ればよかったなーって思ったぐらいだからね。

無遅刻無欠勤で3年勤めてたんだけど、そこで工場の方から契約社員として直接雇用したいというお話をもらいましてね。そりゃもう二つ返事でオッケー牧場でした。そして何回かの契約更新と昇給を経て現在に至るという感じ。

私がこれだけ働いているのって、ニートをしていた頃は想像もできなかった。お金もまあ、毎日仕事帰りにプリンを1個買うぐらいならなんとかなる。

でもね、そろそろ正社員になって安定したい。雇用の安定もだけど、契約社員としての昇給はもう頭打ちになってしまったので、正社員になってさらなる昇給を目指したい。それとやっぱりボーナスが欲しい。

お金がないと何もできない。ニート経験者だからはっきりとわかる

あまりおカネおカネというのも嫌らしいけど、やっぱりお金がないと何もできませんよ。ニートから派遣、契約社員になって少しずつできることが増えてきたのは、やっぱりお金に余裕が出てきたから。

ニート時代は時間はあるのにお金がないから何もできなかった。あれはね…結構ツラい状態ですよ。例えば喫茶店の前を通りかかる。ショーケースのサンプルには「フルーツパフェ 800円」とある。とてもおいしそう。でもお金がないから食べられない。がまんする。万事においてこれ。これの繰り返し。それがニートの生活。苦しくないわけがない。

まあ契約社員の今でも「パフェに800円か…やめておこう」ってなるんだけど、それはまあ…うん。がんばって正社員になって、パフェを食べられるようになろう。

この記事のまとめ

  • ノルマがある改善提案・ヒヤリハット等の書類は着実に提出して評価を上げる
  • やる人がほとんどいないからこそ、やることで頭一つ抜けられる

この2点がこの記事で言いたかったことです。もちろん職場によって基準は異なるとは思いますが、誰もやらない「面倒くさいこと」をやることが活路を開くのかなと。これはブログやアフィリエイトにしてもそうですね。

  • 無遅刻・無欠勤を維持すること

記事ではさらっとしか触れませんでしたが、あとは無遅刻・無欠勤ですね…。これは不可抗力もあるのでなかなか難しいのですが、万が一の時はできるだけ早く連絡を入れることが大切かなと。個人的にはあまりこの部分は強調したくないのですが、かなり評価に関わるらしいので。

暴飲暴食を避けるとか、睡眠はしっかり摂るとか……基本的なことではありますが、普段からの健康管理が大切です。これも安定のため、お金のためと思って一緒に頑張りましょう!

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです(^^)

SNSはツイッターメインでやってます(><)

スポンサーリンク