「他の人の私語のせいでクレームを出したかもだけど自分はガンガン私語します!」

工場にはいろいろな工程がありましてね

私は工場で働いてるんですけど、そこがまたいろいろな製品を作っていましてね。

製品ごとに生産に使う機械やら区画やらが床に貼られたテープなどで区切られておりまして、例えばシュークリームを作る場所なら「シュークリーム工程」とか言ったりするわけですよ。

あんぱん工程、エクレア工程、シュークリーム工程……いくつもの「工程」が並んでいる職場なんです。あいや別にパン工場とかじゃないんですけどね、例えですたとえ。

クレームが発生したときの話をしていきます

んでまあ、そのうちの「ワッフル工程」でこの前クレームが発生しましてね。

入れないといけない焼き目が入っていないものをお客様に出荷してしまったんですよ。本来されていないといけない加工がされていない、「加工欠」という不具合なんですけどね。

これはお客様からすると迷惑度が高いわけです。表面にちょっと気泡が入ってるよねーぐらいの不具合ならまだしも、焼き目がついてない真っ白なワッフルなんて

へたにパン工場に例えたせいで話がわかりにくい

とここまで書いてきて思ったんですが、身バレを警戒してパン工場みたいな例えにしたので話がすごくわかりにくい。

もっと簡潔に書きます。

工業製品の切り欠け加工ミス

とある工業製品を作ります。仕様書では切り欠けを入れてくださいとなっています。しかし切り欠けが入っていないものが出荷されてしまいました。

お客様の工場で実際に使おうと思ったら切り欠けが入っていないので使えませんでした。流れ作業のラインで使うものなのでへんな部品が納入されてきたら、下手をするとラインが止まります。

お客様激おこ。

クレームの原因調査では作業者への聞き取りがある

というわけでクレームが上がってきて、営業担当やら品質保証部やらがかなりお叱りを受けたそうで。んでまあどうして「加工欠」が発生したのか、原因と対策を報告してくださいと言われるんですね。お客様の側からすると当然ですわな。

じゃあ原因を探りましょうということで、実際にそのときに工程で作業をしていた人に聞き取り調査が行われるわけです。

そりゃま自分がクレームを出したとなるとヘコみますけど(幸い私はまだ経験がない)、別に責め立てられるわけではなく、事実としてそのとき何が起きていたのかを直属の上司から聞かれるわけです。

どこからともなく漏れてくる聞き取り内容

まあいろいろな筋からその時の聞き取り調査の様子が漏れてきてですね。

どうやら「すぐ近くで私語をしている人がいたのでそちらに注意が取られて見落としたのかもしれない。作業をしている工程のすぐ近くで私語をするなんて言語道断だと思う」とその人は回答したらしいんですね。

まあ可能性としては考えられることで、作業をしている人の近くで話なんかしちゃいかんですよそりゃ。わかるわかる。私語はいかんよ私語は。

みんなで頑張ってクレーム件数を減らなくちゃ!

とまあそのクレームが出たのと、聞き取り調査が行われたのがだいたい1ヶ月ぐらい前の話。

近頃では「あーそいやそんなこともあったねー」って感じでみんなだんだん忘れかけてきたんですけど、クレームはクレーム。記録として残り続けます。

このままのペースでは年間目標を超えてしまう!みんなでクレームをゼロにしよう!月に一度の全体朝礼では品質保証部から耳にタコが出来るほど言われます。

そうだ、クレームゼロ!みんなでがんばろう!

「言語道断」の私語が聞こえてきまくり問題

……と、今日の勤務でそのクレームがでた工程のすぐ近くで作業をしてたんですけど、前にクレームを出した人が今日も生産していました。まあ一回クレームを出したからと言ってすぐに外されたりすることがないのがうちの職場のいいところ。

なんですが。

その人、作業中に思いっきり隣の工程の人と私語をして盛り上がってますがな。

えーっと、聞き取り調査には「作業をしている人のそばで私語をするのは言語道断」って言ったんですよね。んんんん……。自分がクレームを出した時は人の私語のせいにして、自分は普通に私語をしながらやるんですか。前にクレームを出したところですよね、そこ。

えーっと。なんなんだろう、この職場。



スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです(^^)

SNSはツイッターメインでやってます(><)

スポンサーリンク