外観を保証できない作業者に外観検査をさせる職場

日常

材料の表面を見るんですよ、まず

いやね、うちの職場ではまず材料の外観を検査するんですよ。表面にキズや汚れがないかどうか、明るい蛍光灯の下の平らな台の上で、数メートルぐらいある細長い材料の端から端まで目視と感触でチェックするんですよ。

んでまあキズなどがない良品ですよーってなったら次の工程に回されて、いんぐりもんぐりされて完成した製品が私の工程、出荷検査の工程まで流れてくるんです。私は決められた検査手順に従って検査すべき項目を検査して、不良品であればなんじゃこりゃーとよそによけたり、良品であれば梱包して出荷ってなことをしてるんですよ。

外観を見ない外観検査

それでですね、最近新しく組み始めた同僚の人がいましてね。その方は一番最初の外観検査を担当してるんですが……見逃しが多すぎる。キズとか汚れのあるやつがガンガン出荷検査まで流れてくるんですよ。普通に見てりゃ見逃さないレベルのやつが。

私の工程では外観を見るようにはなっていなくて、外観は外観検査工程でしっかり保証してから流すべきもの。なのに保証されないものが流れてくる。別の箇所を検査中に表面のキズに偶然気づいて不良品としてハネたりしているんですが、あまりにも本数が多すぎまして。

こりゃどうしたもんかねって上の人たちが話し合った結果として、「検査工程でも外観を見ろ」というお達しが出ました。いやいや、出荷検査で外観まで見てたら間に合いませんけど……って思いながら頑張って見てたら、今日も一発クレームのものが4個流れてきまして。

ごめん、この仕事もう無理かも

こりゃヤバイと監督者に報告ですよね。

生産を止めて今工場内にある在庫を全て調べようってことになりました。

一発クレームのものがさらに6個出てきました。

うち3個は出荷検査を通過したものでした。つまり私の見逃しです。

いやいや、無理。出荷検査で外観を見るのは無理。検査基準書に入ってない。出荷検査員の保証項目じゃない。外観まで見てたらいそがしくてからだがしんどい。もうむり。

ごはんはおいしいからまだだいじょうぶ

てな感じで退勤したあと、3割引になっていたアメリカ産豚ロースしゃぶしゃぶ肉を買いましてね。

さすがに一度に336グラムは食べられないので、半量ほどしゃぶしゃぶっとしたのちキユーピーのノンオイル香味ごまドレッシングをかけたものと。

最初から用意されていたお好み焼きで晩ごはんにしました。うん、食事はうまい。まだ大丈夫。

そのあと洗濯をしながらお風呂に入って眉毛のお手入れやら上がってからの洗濯干しやらをしていたら24時ですよ。んで今この日記を書いております。

……旅に出るか。

まあとりあえず「活蔘」なる栄養ドリンクでも飲んで寝ます。

コメント

  1. ゲイぽん より:

    期間工ブログよりリンクで来ました

    正社員の給与安すぎでは?まだ期間工の方が稼げると見て感じたのですが。
    差し支えなければ、契約(もしくは派遣?)の時は月いくらくらいだったのでしょうか?

    • moto210 より:

      いらっしゃいませ!\(^o^)/

      正社員……安すぎですよね。契約社員の頃は昇給を重ねて、最高時給の1,300円で働いていました。
      まあそれでも1,300円なのがアレですが。

      月収は残業や休日出勤次第ですが、最近では総支給額が36万円、手取りが30万円前後って感じでしたねー。
      1月分から、少なくとも6万円ぐらいは下がりそうで明細を貰う前からため息がでます…。