工場の新人教育は根気強くやらないとだめ。最初からうまくできる人なんかいないんだから

私が担当している工程に新人さんが入ってきて半月ほど経ったので、思うことを書いてみようかと。

最初からうまくできる人なんかいない

不慣れなことを最初からうまくできる人なんかいやしません。どうしてもミスをするし、不良品を出したりする。それは仕方のないことなんですよ。

だったら、別に腹を立てたりする必要もないかなって。当たり前のことなんですもの。自然現象に腹を立てるようなもんですよ。

というかですね、新人に何をそこまで期待しているのという話でもあるんですよ。入ってきてすぐの人間が完璧にできるほど、程度の低い仕事を我々はしているのか。そうではないだろう、と。

新人にぷりぷりと腹を立てる同僚。一度言ったことを忘れるのなら、何度でも言うしかないのです

んでまあ、同じ工程の同僚は「あの新人は使えん!一度言ったことを覚えてない!」とご立腹なんですが、これもまあ仕方ないなあと。

一度言っただけで覚えろなんて、なかなか難しいですよ。これもまた、新人に期待しすぎ。なんでそこまで期待しちゃってるの。

そりゃまあできればメモを取る努力ぐらいして欲しいとは思うものの、我々はただの作業者で平社員。派遣社員にメモを取れなんて言うのもまた違うような気がしましてねえ。

だったらまあ、覚えるまで根気強く、何度でも言ってあげるしかないのかなと。

根気強く教えれば人は育つ。教育は長い目で見ないと

同僚はさじを投げたようですが、それでも私は根気強く教えてみました。言葉だけでは理解が難しいようだから、作業のやり方を実際にやって見せたり、不良品のサンプルを取って実際に見せたりしながらね。

すると新人さんも段々と理解してきて、仕事が上手になってきたんですよ。作業も早くなったし、不良率も下がってきた。

「こいつは使えん!」と早々に見切りをつけてしまっては、いつまで経っても人は定着しません。教育はやはり、長い目で見ないといけないと思うわけです。

私自身が、物覚えが悪いタイプですからね。今の職場に来た当初はとても苦労したものです。

まあ、早熟タイプの人にはなかなか理解できない感覚なのかもしれませんけとね。

コメント