CocoonのAdSenseコード設定でscriptタグが使えないときはサーバーのWAF設定を確認

雑記

CocoonにAdSenseのコードを設定していると403エラーが出てきた

CocoonでのAdSenseコード編集画面

いきなりつまづく…

WordPressのテーマCocoon(公式サイト)をインストールしてGoogle AdSenseのコードを設定していたのですが、scriptタグが入っていると保存時に403エラーが出てきましてね。

まあすぐ下の注意書きにもあるようにscriptタグを取り除いたら保存できたし、広告も普通に表示されたのでしめしめと思ったのですが。問題は関連コンテンツユニットでした。

関連コンテンツユニットのウィジェットがどれだけ待っても保存できない……

Cocoonのウィジェット編集画面にAdSenseコードを貼っているところ

これでいいはずなんだけど

投稿SNSボタン下に関連記事コンテンツのコードをペタリ。んで保存…なんですが、保存ボタンを押すと「今保存してるから待ってねー」的な水色の丸いアイコンがくるくる、ずーっと回ってるんですよ。いやいやいつまでかかってるの。しばらく放置していても終わりゃしない。

もしかしてscriptタグが悪さしてるのかなと思って試しに消してみたら、あらすんなり保存できちゃった。でも関連コンテンツユニットはscriptタグがないと表示されないみたいでしてね。困ったぞっと。

サーバー側のWAF、ファイアウォールでscriptタグがブロックされてた

HTML ブロック等で 403 エラーが出るとき WAF を確認
HTML ブロックなどで、HTML コーディングを直接流し込んでいる時に、403 エラーが発生することがあります。 また記事ブロックで HTML コードを流し込んでいる時にも同じエラーが出ることが確認できました。 これは、WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール) を有効にしている場合によく起こるかも...

ググってみるとこのようなページを発見。サーバー側のWAFという設定が怪しいみたいです。

お名前.comレンタルサーバーの管理画面

重いのであまりログインしたくないのですが…

私はお名前.comのレンタルサーバーを使っています。まずはコントロールパネルにログイン。Web設定>WAF設定を開きます。そして「ログ参照」をクリック。

WAFログ

よく防いでいますね、ええ…

……。めっちゃ弾かれてました。

WAFログ拡大

設定できないわけですよ

はい、思いっきりscriptタグがブロックされていますね。

除外設定をするとscriptタグが普通に使えるようになった

ログの右隣にある「除外設定」をクリック。

WAF除外設定

2年前にもSimplicityで同じ設定をしてたのは秘密

除外対象として登録します。

あとはCocoonの設定画面に戻って、普通にscriptタグが入ったAdSenseのコードをコピペして保存でOK。これで解決です。

コメント